帝都に引っ越して、1年が経ちました

2017年10月29日、帝都に引っ越してから1年が経ちました。

――1年、あっという間でした!そして、様々な出来事がありました。最初は、こんな困難が訪れるなんて神様に見放されてしまったのかもしれない、と思うこともあったのですが、それでもやはり「救いの手」は差し伸べられて、今も夫婦が揃って暮らしていられることは、本当に有り難いことだなと思います。これからも沢山の出来事に帳面するでしょうが、それでも2人で乗り越えていけたらなと。

1年間、東京というまちで暮らしてみて思うこと

「安い」お店でなければ、全体的に価格が高い!

広島の山奥に住んでいた頃は、近所のスーパーで卵が160円前後で買えたのですが、こちらでは特売にならないとその値段まで下がらなかったり、ミックス卵でなければその値段まで下がらなかったり。神戸で暮らし始めた頃に、高級住宅街にあるスーパーにふらっと立ち寄ったら卵が228円くらいだったのですが、それとほぼ同じくらいでした。卵はお弁当に毎日使うので、出来る限り安くて美味しいのがいいなぁ、と思い、旦那と遠くにあるスーパーまで買いに行っています。広島にいる頃は、スーパーそのものが近所にあまりなかったのですが、東京はそこかしこにスーパーがあってお店を選べるので、個人的には面白いです。

旦那「お、ここセージョーイシイあるやん」
私「え、な、なんて?」
旦那「え?セージョーイシイ」
私「……え、ハリー・ポッターの呪文?」
旦那「スーパーの名前。成城石井!」

成城石井自体は、関西だと神戸にもあるようなのですが(神戸より南には1店舗もない)、活動範囲からは外れていたので行ったことがありませんでした。

川・海・空が、田舎とは比べ物にならないほど濁っている

これは引っ越す前から知ってはいたのですが、実際に海に遊びに行ったさいに、改めて衝撃が走りました。小さい頃から遊びに行っていた海は、山口県の角島や島根の浜田だったのですが、まるで蛇口から出たばかりの水のように透明な印象があり……葛西臨海公園の海に足をつけた時、海面や水中にごみや油や泡がたくさん混じっていることに気が付き、驚きました。いや、それでも足をつけて遊んで満喫しましたけども。

旦那「来年は、綺麗な海に行って遊ぼうな」
私「浮き輪持っていくから、現地で膨らましてね。私、肺活量ないから」
旦那「はーい」

それでも、美しいものに溢れている

東京で暮らしていると、そこかしこでお祭りが開催されていて、広島で暮らしていた時や、神戸で暮らしていた時とは違い、「美しい」ものを観せてもらう機会が多くなりました。

それらは、秋吉台に行って、青空の下にある草の絨毯からのぞく白い石灰岩をみたり、角島の真っ青な海を眺めながら釣りをしたりアイスを食べたり、といった今までの「自然の・美しさ」とは違うものです。街中を真っ青に照らす、クリスマスのイルミネーションであったり、水族館のプロジェクションマッピングのイベントであったり、季節ごとに開催される展示イベント(アートアクアリウムなど)であったり、都会の中にある大きな公園の花畑であったり。

今まで自分の身の回りにあったものは東京にはないけれど、それと同じくらいの新しいものに出会えました。春になれば桜を、梅雨になれば紫陽花を、夏になれば花火や海を、秋になれば紅葉を、冬になればイルミネーションを――楽しいことがいっぱいです。全部まわりきることが出来ないほどに。

今は、東京に引っ越して2度目の紅葉狩りが楽しみです。また旦那に色々と連れ回してもらわねば……
今年も残り2ヶ月になりましたが、楽しみはまだまだこれからです!

関連記事


元就 -Motonari-

安芸の国で生まれ、各地を旅しながら歌い暮らす元就のブログです。同人即売会・同人音楽をフィールドに、歌わせて頂いております。UTAU音声ライブラリ『緋惺-Akesato-』の中の人です。


緋惺 -Akesato-

歌声合成ソフト『UTAU』向けに制作している、音声ライブラリです。VOCALOIDのように、ピアノロールに歌詞を入力すると、歌います。


PickUp-記事-

  1. 2017-7-7

    白山神社『文京あじさいまつり』

    文京花の五大まつりの一つである、『文京あじさいまつり』に行ってきました!お祭りの会場となっている『白…
  2. 2017-7-1

    旧古河庭園『色鮮やかな二番花と薔薇アイス』

    東京都北区西ヶ原にある、『旧古河庭園』に薔薇の二番花を観に行きました。旧古河庭園は、鑑賞上の価値が高…
  3. 2017-9-28

    MMDスカイドームを、配布します

    『MikuMikuDance(みくみくだんす)』、通称『MMD』で使用できる「スカイドーム(背景素材…
ページ上部へ戻る