Step4 UTAU用プラグインのインストール

このページでは、有志が公開している「UTAU用プラグイン」の導入手順について紹介します。

UTAU用プラグインについて

UTAUは、有志が公開している「UTAU用プラグイン」を導入することで、
機能を大幅に拡張することができます。
UTAU用プラグインは自分で自由に製作することもできますし、
有志が制作したものをダウンロードして利用することもできます。

導入するメリットとしては、

・連続音音源を使用する際に必要な設定を一括して行えるようになる。
・大型音源に収録された豊富な音素の中から、手軽に好きなものを選択できるようになる(裏声、エッジボイスなど)。
・調声されたノートの中から選択した項目(ピッチやダイナミクスなど)を初期状態に戻すことができる。
・UTAUの音声出力を高速化できるようになる。
・ひとつのプロジェクト内で複数のエンジンが使えるようになる。

例に漏れず、すべてのプラグインを解説していると冗長になってしまうので、
ここでは筆者(こぬこ)が実際に利用しているプラグインに絞って紹介します。

導入方法

ダウンロード

連続音一括設定 Ver.1.60

連続音音源を使用する際に必要な設定を一括して行ってくれるプラグインです。
クロスフェード部分(音と音のつなぎ目)の処理の精度が高い上に動作も安定しているため、
連続音を使用しているUTAUユーザは必ずと言って良いほど導入しています。
Zteerさんのサイト(http://z-server.game.coocan.jp/utau/utautop.html#autoren)から
「連続音一括設定」をダウンロードします。

UTAUの音Shift右クリックしてでてくる音素をまとめて表示できるプラグイン

緋惺のような大型音源では、歌のフレーズの一部分を裏声にしたい時やエッジボイスにしたい時に、UTAUの標準機能で音素の切り替えを行うのは大変煩雑になります。

そこで、選択したノートに適用できる音素を一覧で表示してくれるプラグインが、
この「UTAUの音Shift右クリックしてでてくる音素をまとめて表示できるプラグイン」です。

2-1. masaoさんの紹介動画(http://www.nicovideo.jp/watch/sm19155925)にあるリンク先に進みます。


2-2. MediaFireのページにつながるので、緑色のバナーをクリックし、
「UTAUの音Shift右クリックしてでてくる音素をまとめて表示できるプラグイン」をダウンロードします。


※MediaFireに接続すると、アフィリエイト目的の外部サイトに誘導されることがあります。外部サイトに接続された場合はブラウザバックを何度か行い(連打)、元のページに戻ってください。

拡張すっぴんプラグイン

どんな作業でもそうですが、調声作業でも必ず失敗が起こります。
このプラグインは、選択したノートの「ピッチのみを初期化する」、
「エンベロープのみを初期化する」といったことを可能にしてくれるプラグインです。
masaoさんのOneDrive(https://onedrive.live.com/?authkey=%21AK_0dSWAn0HOoRo&id=A3273C9EA3B9AF2C%21634&cid=A3273C9EA3B9AF2C)から「拡張すっぴんプラグイン」をダウンロードします。

コピー・ペーストプラグイン、「形式を指定して貼り付け」プラグイン(エンベロープ、ピッチのペースト)

調声に限った話ではありませんが、ある程度作業に慣れてくると、
「いつも似たような設定を使っていた」という経験がある方は多くいらっしゃると思います。
このプラグインは、別のノートで作った歌い回し(ピッチ、子音速度など)を、
コピー&ペーストするということを可能にしてくれるプラグインです。
プロジェクトファイルを跨いだコピペも可能です。

ヒギンズPさんのサイト(https://monopole.jimdo.com/%E9%85%8D%E5%B8%83%E7%89%A9%E7%BD%AE%E5%A0%B4/#cc-m-5781116115)にアクセスし、「コピー・ペーストプラグイン」と「形式を指定して貼り付けプラグイン」をダウンロードします。

resampler patcher

マルチコアCPU専用ですが、UTAUからの音声出力を高速化できるツールです。
前回ご紹介したUTAU用エンジン「fresamp11~13_3」は生成時間が特に長いため、
導入することを強くおすすめします。
また、このツールを導入することにより、
ひとつのプロジェクトファイル内で複数のUTAU用エンジンを任意に切り替え使用できるようになります。

5-1. masaoさんの紹介動画(http://www.nicovideo.jp/watch/sm16012769)にあるリンク先に進みます。

5-2. MediaFireのページにつながるので、
緑色のバナーをクリックし、「resampler patcher」をダウンロードします。

※MediaFireに接続すると、アフィリエイト目的の外部サイトに誘導されることがあります。外部サイトに接続された場合はブラウザバックを何度か行い(連打)、元のページに戻ってください。

インストール

※「resampler patcher」以外
1. ダウンロードした「autoren160.zip」「suffixselector20160220.zip」」「suppinex_20130602_2.zip」「clipboard.zip」「pastespecial.zip」「resampler_patcher1.4.zip」を解凍します。

2. 「resampler_patcher1.4」フォルダの中にある「plugin.zip」を解凍します。

3. 解凍した「autoren160」フォルダ、「suffixselector」フォルダ、「suppinex」フォルダ、「copy」フォルダ、「pastespecial」フォルダ、「plugin」フォルダを
そのまま「UTAU」フォルダの中にある「plugins」フォルダに移動します。
※「plugins」フォルダの中には「サンプル」というフォルダが存在しますが、削除しても問題ありません。


※「resampler patcher」のインストール手順
1. 「resampler_patcher1.4」フォルダの中にある「resampler_setup.exe」を「UTAU」フォルダに格納します。

2. 「resampler_setup.exe」を起動します。

3. [追加(A)…]をクリックし、「fresamp.exe」「moresampler.exe」「resampler.exe」を開きます。

4. [インストール(I)]をクリックします。

5. [はい(Y)]をクリックします。

6. [OK]をクリックします。

7. [終了]をクリックします。

8. 「UTAU」フォルダの配下にある「fresamp.exe」「moresampler.exe」「resampler.exe」のアイコンが
「resampler_setup.exe」と同じものになり、
新たに生成された「Resampler」フォルダの中に
「fresamp.exe」「moresampler.exe」「resampler.exe」が入っていればインストールに成功しています。


これでインストールは完了です。
・インストール完了後のフォルダ構成

UTAU
├plugins
│├autoren160
│├copy
│├pastespecial
│├plugin
│├suffixselector
│└suppinex
├res
├voice
├$read
├fresamp.exe
├moresampler.exe
├program.txt
├readme.txt
├resampler.dll
├resampler.exe
├resampler_setup.exe
├setting.ini
├shareware.txt
├utau.exe
├utool.dll
├wavtool.exe
├wavtool2.dll
└wavtool4vcv.exe

※.exeや.dllと書かれたファイルが見つからない場合は、拡張子を表示するように設定してください。

使用方法

1. UTAUを起動します。
2. メニューバーの中から[ツール(T)]→[プラグイン(P)]の順でクリックします。

3. 使用したいUTAU用プラグインを選択します。
※詳細な使い方は環境構築後の、調声作業の解説で触れます。

このページの情報は以上です。

Next:Step5 utaukeのダウンロードとインストール、機能拡張

Step1 UTAUなどのファイルを置く場所を作るUTAUをインストールする前に、やっておかなければならないことがあります。それは、入手した「UTAU」の各ファイルの置き場所(フォルダ)の作成です。...
Step2 UTAUのダウンロードとインストールこのページでは、「UTAU本体」の導入手順について紹介します。...
Step3 UTAU用エンジンのダウンロードとインストールこのページでは、有志が公開している「UTAU用エンジン」の導入手順について紹介します。...