Step3 UTAU用エンジンのダウンロードとインストール

このページでは、有志が公開している「UTAU用エンジン」の導入手順について紹介します。

UTAU用エンジンについて

UTAUは、デフォルトでは、

・ツール1(結合器)…wavtool.exe, wavtool2.dll
・ツール2(伸縮器)…resampler.exe, resampler.dll

などの最低限のUTAU用エンジンでしか音声(WAVファイル)を出力することができません。
有志が公開している「UTAU用エンジン」を導入するメリットとしては、

・使用するUTAU音源と相性の良いエンジンを選択することで、音質の向上を図ることができる。
・特定のUTAU用エンジンでは使用できなかったUTAU音源が、別のエンジンで使用できるようになる。
・音声の出力を高速化できるようになる。
・特定のUTAU用エンジンでしか使えない機能で、表現の幅を広げることができる。

すべてのエンジンを解説していると冗長になってしまうので、
ここでは緋惺と相性の良いエンジンに絞って紹介します。

※本記事では招待制SNSのみで限定配布されているツールも紹介しています。
どうしても使ってみたい場合は、こぬこ(@konuko73)までお問い合わせ頂ければ招待可能です。

導入方法

伸縮器(ツール2)

fresamp

緋惺のUTAU音源を一番綺麗に出力できるエンジンです。
※fresampには複数のバージョンがありますが、緋惺と相性が良いのは11~13_3です。12~13_3については
UTAUの招待制SNSのみでの限定配布となっているため、ここではfresamp11のリンクを紹介します。
飴屋Pのツイートにあるリンク先から「fresamp11」をダウンロードします。

model4

無声化(ささやき声、母音の脱落など)を再現する際に有利なエンジンなのですが、これもUTAUの招待制SNSのみでの限定配布となっています。

moresampler

一つ上で書いたmodel4と同じ用途で使えるエンジンです。
moresamplerは非常に多くの機能を有しており、
ただmodel4の代替として活用するのは少しもったいないかもしれません。

kanruさんのサイト(https://webhost.engr.illinois.edu/~khua5/index.php/2017/06/10/moresampler-0-8-3-release/)から「moresampler」をダウンロードします。

※2019年現在、Kanruさんのサイトが無くなってしまった為、ダウンロードはEjiさんのブロマガ(https://ch.nicovideo.jp/ejiwarp)からがおすすめです。

結合器(ツール1)

wavtool4vcv

UTAUで音声を出力する際に、音と音が綺麗に繋がらない場合、
「クロスフェード最適化」という機能を使うのですが、
wavtool4vcvはその「クロスフェード最適化」を自動で行ってくれるエンジンです。
ただし、標準のwavtoolとの差はマイクロ秒(100万分の1秒)単位となる場合もあるため、
聴感では効果がわからない可能性もあります。

1. masaoさんのツイート(https://twitter.com/namiyome/status/539772925293785088)にある
リンク先に進みます。

2. MediaFireのページにつながるので、緑色のバナーをクリックし、「wavtool4vcv」をダウンロードします。

※MediaFireに接続すると、アフィリエイト目的の外部サイトに誘導されることがあります。外部サイトに接続された場合はブラウザバックを何度か行い(連打)、元のページに戻ってください。

インストール

1. ダウンロードした「http://fresamp011.zip 」と「http://moresampler-0.8.3.zip 」、「http://wavtool4vcv20141202.zip 」を解凍します。

2. 解凍した「fresamp011」フォルダの中にある「fresamp.exe」、
「moresampler-0.8.3」フォルダの中にある「moresampler.exe」、
「wavtool4vcv20141202」フォルダの中にある「wavtool4vcv.exe」を、
「UTAU」フォルダに移動します。

これでインストールは完了です。
・インストール完了後のフォルダ構成

UTAU
├plugins
├res
├voice
├$read
├fresamp.exe
├moresampler.exe
├program.txt
├readme.txt
├resampler.dll
├resampler.exe
├setting.ini
├shareware.txt
├utau.exe
├utool.dll
├wavtool.exe
├wavtool2.dll
└wavtool4vcv.exe

※.exeや.dllと書かれたファイルが見つからない場合は、拡張子を表示するように設定してください。

使用方法

1. UTAUを起動します。
2. メニューバーの中から[プロジェクト(P)]→[プロジェクトのプロパティ(R)]の順でクリックします。

3. 「プロジェクトの設定」ウィンドウ下段にある「ツール1(append)」は[wavtool4vcv.exe]を、
「ツール2(resample)」には「fresamp.exe」を選択する。

4. 「OK」をクリックすると、現在開いているプロジェクトではwavtool4vcvとfresampが使用できるようになります。

このページの情報は以上です。

Next:Step4 UTAU用プラグインのインストール

Step1 UTAUなどのファイルを置く場所を作るUTAUをインストールする前に、やっておかなければならないことがあります。それは、入手した「UTAU」の各ファイルの置き場所(フォルダ)の作成です。...
Step2 UTAUのダウンロードとインストールこのページでは、「UTAU本体」の導入手順について紹介します。...